カウンセリングで心の病気を予防する|早めの受診が肝心です

4つの症状

ドクター

夜に眠れないといった症状に悩まされているのなら、不眠症を発症している恐れがあります。不眠症は体の冷えや生活リズムの崩れ、精神病などが発症の原因であると言われていて、主に4つの症状が見られます。まず一つ目が、入眠障害です。不眠症になると布団やベッドに入って眠ろうと思ってもなかなか寝付けないといった症状が起こる場合があります。これを入眠障害というのですが、布団に入ってからおよそ30分から1時間ほど入眠に時間がかかると不眠症である可能性が高くなります。また、不眠症に見られる2つ目の特徴が中途覚醒です。これは文字通り睡眠の途中で複数回目が覚めてしまうという症状で、中には一度目が覚めると夜明けまでずっと眠れない人もいます。中途覚醒は年齢が高い人に見られる症状で、夜中に2回以上目が覚めるなら病院を受診するべきです。

不眠症には入眠障害や中途覚醒の他に、熟眠障害という症状もあります。熟眠障害はスムーズに入眠できて、途中で目が覚めることもないのに、目覚めが悪い、眠った気がしないというもので、不眠症の症状の中でも一番気疲れにくいです。また、早朝覚醒と呼ばれる症状になると、いつも自分が起きている時間よりも2時間以上前に起きてしまうようになり、その後再び入眠することが難しくなってしまいます。このように不眠症には実に様々な症状がありますが、あまり日常生活に支障がないからと言って放置していると重大な病気を引き起こす可能性があるので、まずは自分の症状について精神科や心療内科に相談すると良いでしょう。